古今で家事はどう変わっていったの?

この記事をシェアする

整理整頓が出来ないこんなデメリットが?

家庭や仕事だけでは無く学校でも整理整頓が当たり前の様に呼びかけられていますが、なぜこんなにも重要視されているのでしょうか。効率が悪くなるのは理解していますが、それは本人の勝手ですし自分のペースでやりたい方もいます。
あるデータによると自宅が散らかっていると精神的に不安定になりやすく、仕事や人間関係に悪い影響があると出ています。人間は視覚以外にも聴覚や嗅覚、味覚を通して外界を見ているので、その視覚に悪い影響が出るとイライラする原因になります。また散らかった環境で暮らしていると物が見つからなかったり、なくしてしまったりする事が多くなります。
整頓していれば感じないストレスなので、効率化とは対極になってしまいます。

ちょっとした事から始めればOK

散らかった家が良くないのは知っているけれど、あまりにも散らかりすぎてどこから整頓すれば良いのかわからない。まずは自分が良く使う場所を少しだけ整頓するだけでよいです。
一度片付けた場所は現状維持出来る様にすれば、自然と周りが片付いてきます。生活動線が短くなるとストレスが軽減するだけでは無く、自分の時間が確保しやすくなるのでこれまでやりたかった事や、できていなかった事に気づけます。
最初はトライアンドエラーで構いませんので、ほんのちょっと整頓を心掛けるのがキレイな家を維持する最初のステップです。家族と一緒に整頓すればコミュニケーションが取れるので、月に1度でよいのでスケジュールを立て実行するのもおすすめです。